「おれ、6年生になってのびたと思う!」自画自賛長男 ( ´∀` )

sakura.png
2021年もゴールデンウィークが始まりますね。 我が家ではキャンプ旅を計画していましたが、悪天候が予想されることに加えコロナ感染者数の急増もあり泣く泣く断念しました。寒さに備えてホットカーペットを調達するくらい行く気満々だったのに( ノД`) でもこればっかりは仕方がありません。念には念を。若い人も重症化しているニュースをみたり、札幌市内の小学校でもクラスターが発生している事実を無視はできません。 まだまだ我慢の時です。仕方がないですね。(でも辛い!!!)

さて、タイトルの件。長男が学校から帰宅し「自信がある!」と豪語していた算数のテストを両手で後ろに隠し持ち何とも言えない表情で私にはなしかけてきました。

「100点だった!」と満面の笑みで見せてくれて私も嬉しかったです。(勉強なんて大嫌い!が口癖の長男なのでなおさら…)

そしてクラブ活動での出来事を話してくれて、担当の先生やメンバーに「頑張ってるね!」と褒められた!と嬉しそうに話してくれました。クラブ活動の話し合いの時に部長の補佐として「フォロー上手だね」と褒めてもらったそうです。

そして「おれ、6年生になってのびたと思う!」発言につながりました( ´∀` )
自画自賛コメント素晴らしいです(笑)

一時期は学校を早退したりお休みすることも多くなっていた長男ですがいまのところ順調。ただ、昨年から長男を見てくれている担任の先生や長男本人も言うように「暑くなってくると要注意」なんですよね。これからの季節が要注意です。

コロナの影響で様々な事が変わってしまって重苦しい部分もありますがなんとか楽しみを見つけて乗り越えていきたいですね!

この記事へのコメント

24時間以内の人気記事