過去の子供の写真を見て泣けてくる理由…。

時間があるときに去年の今頃何してたかなぁ~、5年前はどんなだったかな~と過去の写真をグーグルフォトで検索することがあります。

そしてそんなときに何とも言えない気持ちになることがあります。

子どもたちの写真を見て「なんて可愛いんだ!」という気持ちと「こんなに可愛かったのに私怒ってばっかりだった!泣」という後悔の感情。写真で振り返ると今よりも幼い子どもたちの姿になんとも言えない可愛らしさを感じ、同時に後悔の気持ちがこみ上げてきてしまうのです。

そしてその度に、きっと今現在の子どもたちの姿も数年後に見たときに同じ気持ちになるんだろうな‥もっともっと優しくありたい、後々後悔しないように接していきたい…と思いなおします。

が!現実はなかなか厳しいです。日々の生活に追われてそんなことコロっと忘れてしまいます。
…私に必要なのは色々な意味での余裕だな。とわかってはいるんですがね。
家事も育児もほぼ1人でこなし、外でも働いて、色々な悩みを抱えて、それでも余裕を持てってなかなか大変。

それでも少しずつ、私なりに余裕を持てる方法を見つけたりして試行錯誤しています。気が付くことができただけチャンスはあるかなと。

試行錯誤の結果、本当に少しずつですがリアルタイムでの「可愛い!」を実感できるようになってきました。



思い通りにいかないことも多いけど、今できる最善の方法で生きていきたいなと思う今日この頃。
(とにかく無理はしない、頑張りすぎないことも重要です。)

石山緑地.png
写真は、数年前の5月に石山緑地(〒005-0849 北海道札幌市南区石山78)へ訪れたときのものです。この場所、長男が大ハマり。特撮ヒーローものが大好きな彼には戦いの場に最高のロケーションだと思えたらしく1人で飛び回っていたことを思いだします。私も大好きな場所の1つです。

この記事へのコメント

24時間以内の人気記事